人生最悪のイブ

日本で大地震発生

昨日、”いつも通り”まだ寝ていたら、”珍しく”相棒に起こされる。
”大変だよ!早く、早くテレビ見て!”と。
何事?と思ってリビングに行くと、日本で東北地方を中心に大きな地震が発生したと。
私が起きた時には(日本時間午後3時半過ぎ)、既に津波の第一波も押し寄せていた模様。

”落ち着いて、多分東京は大丈夫だから”と言ってみるものの、激しく心配。
幸い、電話は簡単に繋がる。
さらに、幸い、このところほとんど伊豆で過ごしている父が用事があって東京に戻ってきていたので、母が一人になることもなかった。これでかなり安心。

CNNをずっとつけ放しにし、PCはNHKのオンデマンドに。
宮城が一番被害が酷く、岩手、福島もかなり悲惨なことになっている。
さて、自分の友人でこの地域の人はと考える。
先ず、一人。
大学時代の同級生(野球部の中心選手)が福島のいわき市にいる。
私にとっては男女の枠を越えたマブダチの一人。
それから、八戸。
以前、クロスカントリーのス国選手に帯同して青森に行った時にお世話になった方が数人住んでいる。

今現在、いわきのマブダチとは連絡がつき、”家族も含め無事”とのことでホッとした。
しかし、八戸は・・・メールに返信することが出来ないのだと理解しているけど、心配である。

時間が経つにつれて、首都圏では交通網がシャットダウンされ、”帰宅困難者”が続出していること、福島の原発の被災状況などがわかる。
東京・横浜・川崎の友人たちはどうしているだろう、徒歩帰宅中?避難所?と心配する。

そうこうするうちに、こちらも深夜になり、心配だけど、とりあえず寝ようと思っていたところに入ってきたニュース
長野で震度6の地震発生

え?!マジ?これって余震とは関係ないよね。大変だ。
今度は朝とは逆に既に熟睡中の相棒を起こす。
”大変だよ。ビッグハットも揺れてる!”
実は、今週末、長野で、アメリカ、ノルウエー、カナダの3ヶ国も参加して、要するに、去年のバンクーバーパラリンピックのベスト4チームが集結してホッケーの大会が開催中。

地震の無い国ノルウエー、みんなさぞかし不安だろうなあと思う。
幸い、参加選手は全員無事がわかりホッとしたけれど、当然今日の試合は中止。
帰国予定も変わる可能性ありとのこと。

うーーーむ。
これは日頃の行いを深く反省しないといけないかなあ@自分

今日3月12日は私の誕生日です。

私の知る限り、素晴らしい同じ日生まれの方が4名はいらっしゃるんだけどね。

地元新聞のWeb配信
[PR]
by kabusledge12 | 2011-03-12 16:09 | 日常